志村葡萄研究所 所長プロフィール

志村葡萄研究所所長 志村 富男(しむら とみお)

経歴と実績

志村 富男(しむら とみお)氏は、マンズワイン株式会社に34年間勤務したのち、葡萄栽培開発に専従。現在は独立して「志村葡萄研究所」を設立。国内にとどまらず海外にも知られる専門家。生食用ぶどうと、醸造用ぶどう、そして、ワインの醸造まで一貫して指導できる方は志村さんを含め世界的にもわずか少ない、ワイン造りのプロフェッショナル。
栽培特許として「マンズレインカット栽培」取得
生長点組織培養法による甲州葡萄種のウィルス・フリー化、緑枝接方法によるウィルス検定技術の開発
日本国内葡萄栽培(生食用)指導
日本国内10社(2008年時点)ワイン用葡萄栽培指導

交配育種による品種登録

山梨県笛吹市の圃場にて愛娘と

<ワイン用>
浅間(シャルドネ 笘・善光寺)
信濃リースリング(シャルドネ 笘・リースリング239)
富士の夢(行者の水 笘・メルロー)
その他、各種ワイン用交配種

<生食用>
甲斐乙女(ルーベルマスカット 笘・甲斐路)
ウインク(ルーベルマスカット 笘・甲斐路)
天山(世界最大顆)
※その他登録準備中品種30種

受賞

1999年科学技術庁長官賞受賞 創意工夫功労者表彰

指導・設計・栽培

ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー(エッセイスト玉村豊男氏)
中伊豆ワイナリー(シダックスワイナリー)
久住ワイナリー(大分県)
下北ワイン(青森県)
都城ワイナリー(宮崎県)
ヴィンテージファーム・ぶどう圃場(山梨県)
さくら農園(鹿児島県霧島市)
秋田県鹿角市圃場
井上石灰(株) ICボルドー顧問(高知県)
中国山東省菜陽市万第実業発展有限会社(中国)

▲ ページの先頭へ