生食用葡萄品種

天山:生食用葡萄品種

天山
母:ロザリオ・ビヤンコ
父:ベイジャーガン

○特徴
樹勢は強く、樹冠の拡大は大きい。発芽は良好で芽吹きも均一化する。花振るいは適当で、摘粒作業も比較的省力化できる。
果皮の色は緑~黄金色で、皮が薄いことから特徴は皮ごと食べられ 食味も良い。果粒は40g前後と大きく、粒で他の品種と比較しても魅力である。果房は大きくなるが、果房の整形を行わない、1kg程度の房に仕上がると良い。
熟期は 9 月上旬頃、藤稔と同時期で、さっぱりとしたフレッシュな 食味である。
欠点は、裂果、過熟になると果粒にシミが生ずる。この対策としては 摘粒を極力 25粒ぐらいに仕上げ、棚面を明るく、風通しを良くすることが 最大のポイントである。湿度と
結果過多が重なるとよくない。

天山:生食用葡萄品種 天山:生食用葡萄品種

▲ ページの先頭へ