生食用葡萄品種

天晴(あっぱれ):生食用葡萄品種

天晴
母:天山
父:シャイン・マスカット

○特徴
天晴(あっぱれ)は極大玉で黄緑色の2倍体の新品種である。
成熟期は育成地 笛吹市御坂町において9月上旬でシャインマスカットより若干遅い。
地球儀円形果粒はジベレリン処理種無果にすると25gとなり、天山の欠点である裂果果実表向のかすれ果もなくボリューム感はたっぷりある。果房は王者としての風格があり外観に優れる。

○育成経過
天山にシャインマスカットを交雑した。平成22年に台木に接木し、編成23年度に初結果。

○樹勢
樹勢は強勢、発芽状態はきわめて良好で開花期は6月上旬でシャインマスカットと同時期。果房の成熟期9月中旬にはジベレリン処理(シャインマスカットと同時期)を行う。
果皮色は緑黄色で果粒は円形で地球儀のようである。
果房は円錐形で果粒重は22g程度、親である天山と比較すると若干小さめであるがかなりのボリューム感がある。
シャインマスカットが子供に見え、果皮ごと食べられる高級品種として期待できる。

○ジベレリン種無処理について
ジベレリン処理はシャインマスカットに準ずる。
満開期25ppm、果粒大豆大の頃25ppmの2回処理。
フルメットを加えることにより、果粒肥大効果が優れる。

▲ ページの先頭へ