生食用葡萄品種

雄宝(ゆうほう):生食用葡萄品種

雄宝
母:シャインマスカット
父:天山

○特徴
雄宝(ゆうほう)は極大粒品種で、黄金色の2倍体品種である。
成熟期は育成地 笛吹市御坂町(標高300m)において9月中旬で、シャインマスカットより若干遅い。
長楕円の果粒はジベレリン処理し種無果にすると25g程度となり天山に匹敵する。
果粒は裂果も少なく、ボリューム感はたっぷりある。透過するような黄金色に輝いた果房はまさに王者としての風格があり、外観的にも優れる。

○樹勢は強勢で発芽状態はきわめて良好で、開花期は6月上旬でシャインマスカットと同時期である。
果房の成熟期はジベレリン処理したシャインマスカットと同じ9月中旬頃である。
果房は円錐形で果粒は楕円形である。果粒重は25gで天山と比較しても劣らないかなりのボリューム感がある。
果皮の色は黄金色で外観的にも優れ、果皮ごと食べられる高級品種としてかなり期待できる有望品種である。

○ジベレリン種子無処理はシャインマスカットに準ずる。
満開期25ppm、果粒大豆大の頃、25ppmの2缶処理し、フルメットを加えることにより、果粒肥大効果が優れる。

▲ ページの先頭へ